メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥栖いじめ「PTSDの原因」認定 同級生8人に410万円賠償命令 佐賀地裁

裁判所=ゲッティ

 佐賀県鳥栖市立中1年だった2012年に同級生から繰り返し暴行や恐喝などのいじめを受け、重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったとして同市の専門学校生の男性(20)と家族が、同級生8人と市などに計約1億2800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、佐賀地裁は20日、同級生8人に計約410万円の支払いを命じた。市への請求は棄却した。男性側は判決を不服として控訴する方針。

 男性は、中学入学直後の12年4月から約7カ月にわたり、同級生8人らに殴る蹴るや、エアガンで撃たれるなどの暴行を受けて多額の現金を恐喝されたと訴え、15年2月に裁判を起こした。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 福岡市営地下鉄・赤坂駅で緊急停車 構内に煙立ちこめる 連休明け、通勤の足直撃

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです