メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口組と神戸山口組 「特定抗争指定暴力団」指定へ聴取の手続き

山口組総本部に使用制限の本命令を伝える文書を張り付ける兵庫県警の捜査員(右)=神戸市灘区で2019年11月15日午前11時39分

 兵庫、愛知両県の公安委員会は20日、山口組と神戸山口組を暴力団対策法に基づいて「特定抗争指定暴力団」に指定し、規制を強化するため、両組織から意見聴取する手続きに入った。この日は兵庫が神戸山口組、愛知が山口組から聴取する場を設けたが、いずれも欠席した。指定に影響はない。

 大阪、京都、三重、岐阜の各府県の公安委…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです