メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欅坂は紅白であの「不協和音」披露へ 2017年にはメンバー3人が過呼吸に

「不協和音」を歌った第68回NHK紅白歌合戦のリハーサル後、記者会見した「欅坂46」のメンバー=東京都渋谷区のNHKホールで2017年12月29日、屋代尚則撮影

 NHKは20日、大みそかに放送する第70回紅白歌合戦で出場歌手が歌う曲目を発表した。そのうち、ネット上で最も話題になっているのが、欅坂46が「不協和音」を歌うことだ。ツイッターでも「これあるかなと思っていた」「鳥肌が立った」などのつぶやきがあふれている。

 欅坂46が「不協和音」を紅白で歌うのは2度目。前回は2017年の第68回紅白歌合戦で歌った。平手友梨奈の「僕は嫌だ!」という叫びで有名な「不協和音」は、ファンの間でもグループ史上最高難度のダンスと言われる。あの激しいダンスを続けながら歌うのは、誰が見ても大変なのはわかる。それだけに時代に対する違和感を訴える少女たちの強い思いが伝わってくる人気曲だ。

 この年、この難曲を2度歌った。通常の形で歌った後、特別企画として、欅坂46のファンであることを公言していた総合司会の内村光良が加わり、もう一度サビの部分を再現したのだ。レッスンしていた内村のダンスはメンバーともマッチし、会場は盛り上がったが、ここで事件は起こった。歌唱中にステージ上で後ろに倒れたり、最後のポーズで震えたりしている姿が放送され、ネット上で心配する声があふれたのだ。歌唱中にふらつき始…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです