メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国企業「顧問」、秋元氏を頼り巻き返し図る? IR参入巡り 東京地検捜査

秋元司衆院議員

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を目指した中国企業の関係者が多額の現金を海外から持ち込んだとされる外為法違反事件で、中国企業の「顧問」として活動していた日本人男性が、IR誘致を目指す自治体と、参入レースで劣勢とされていた中国企業をつなぐ役割を担っていたとみられることが、関係者への取材で判明した。男性は秋元司衆院議員(48)=東京15区=と親しく、中国企業が秋元氏の存在を背景に巻き返しを図った可能性もある。

 中国企業は2017年7月に日本法人を設立。国内のIRへの参入を目指した。関係者によると、日本法人元役員らは、海外から現金数百万円以上を税関に申告せずに違法に国内に持ち込んだ疑いが持たれているが、顧問の男性も関与している疑いがあるという。東京地検特捜部も男性の役割について捜査している模様だ。

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです