特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

「痴漢を容認する日本社会」女性を追い込む病理とルーツは 異色研究書の著者に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「痴漢とはなにか」の著者、牧野雅子さん=東京都渋谷区で2019年11月22日午後3時13分、牧野宏美撮影
「痴漢とはなにか」の著者、牧野雅子さん=東京都渋谷区で2019年11月22日午後3時13分、牧野宏美撮影

 「痴漢は犯罪です」。この言葉が駅のポスターに使われるようになって久しいが、痴漢被害はいっこうになくならず、日常化している。なぜなのか。痴漢はどのように伝えられ、認識されてきたのか。11月に刊行した「痴漢とはなにか――被害と冤罪(えんざい)をめぐる社会学」(エトセトラブックス)は、戦後から現在までの膨大な新聞や雑誌を読み解き、「痴漢を容認する社会」の問題を突きつける異色の研究書だ。著者でジェンダー研究者の牧野雅子さん(52)と痴漢の歴史をたどった。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2762文字(全文3007文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集