メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛される球団のために「なんでもやります」 城島健司氏がSBフロント入り

福岡ソフトバンクホークスの会長付特別アドバイザー就任記者会見で三笠杉彦GM(左)と握手する城島健司氏=福岡市中央区で2019年12月20日午後1時11分、津村豊和撮影

 プロ野球のソフトバンクは20日、球団OBで米大リーグ・マリナーズや阪神でも捕手として活躍した城島健司氏(43)が王貞治球団会長付特別アドバイザーに就任すると発表した。来年1月1日付で、任期は1年。ソフトバンクへは2005年以来の復帰となる。同日、福岡市内で記者会見した城島氏は「野球の全てを教えてもらった王さんが作った、愛される球団が今後もそうあってほしい。なんでもやります」と笑顔であいさつした。

 ジャケットにジーパン姿で会見に臨んだ城島氏はフロント入りを引き受けた理由について、毎年のように王球団会長から戻るよう声をかけられていたことを明かしたうえで「ポストまで用意して熱心にお話しいただいた。少しでも力になれれば」と説明した。一方、指導者への転身については「先のことまではビジョンが見えていない」と話すにとどめた。詳細な役割は今後、決めるという。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  2. 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 秘密裏の法解釈変更許すのか 検察庁法巡り「周知必要ない」という政府の国会軽視

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです