メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝・注目選手

トヨタ自動車・服部勇馬 東京五輪マラソン代表が狙う初の駅伝日本一

MGCのフィニッシュ直前、両手を広げて喜びを表現した服部勇馬=東京都港区で2019年9月15日、久保玲撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)が来年元日、群馬県で開催される。駅伝日本一を目指し、新春の上州路を駆け抜ける注目選手を紹介する。(年齢はレース当日現在)

 2019年9月15日。東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で2時間11分36秒の2位に入り、五輪代表の切符をつかんだ。「4強」と言われた前評判通りの力を発揮。勝負の年となる20年最初のレースは、チームの4年ぶりの王座奪還が懸かる全日本大会となる。

 「駅伝らしく最初から攻めたレースをしたい。それが五輪につながる。トヨタは優勝できるチームだと思って入社して、一回も優勝がないのはすごく悔しい。今年こそはという思いはある」。自身初の「実業団駅伝日本一」に懸けている。

 新潟県十日町市出身で、中学時代からスピードランナーとして全国レベルのレースで戦ってきた。強豪の仙台育英高(宮城)を経て12年に進んだ東洋大でも、箱根駅伝の「花の2区」で2年連続区間賞に輝くなど将来を嘱望された。入学当初は箱根駅伝出場が目標だったが、それも1年時で達成。2年時からはマラソンへの意識が大きくなった。

 初マラソンは大学4年時に挑んだ16年2月の東京マラソン。後半に日本勢トップに立ってリオ五輪代表に近づいたが、最後に失速した。その年の春、実業団の強豪・トヨタ自動車に入社。2回目のマラソンとなった翌年2月の東京マラソンは2時間9分46秒と「サブテン(2時間10分切り)」を達成したが、同じく終盤で遅れた。

 立ちはだかる42・195キロの大きな壁。乗り越えたきっかけは、3回目のマラソンとなった…

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 米国で白人警官が黒人男性の首押さえ死亡 差別への抗議活動が過激化

  3. 黒人男性死亡で米政権「解明を最優先事項」 トランプ氏、動画は「衝撃的」

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです