メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

日越学生ら京都で親睦深める 日本語スピーチコン成績優秀者が登壇

ベトナムから来日した大学生の交流歓迎会で歌うベトナムの大学生ら

[PR]

 ベトナムから来日した大学生を歓迎する交流会が10月23日、京都市下京区のホテルグランヴィア京都であった。ベトナムの16大学からの学生ら26人と、京都、大阪で学ぶ学生や関係者が親睦を深めた。

     ベトナムで9月にあった「日本語スピーチコンテスト」で優秀な成績を収めた学生5人が登壇。最優秀賞に輝いたハノイ大3年、グエン・クイン・アインさんが、日本語の「いかす」の意味についてスピーチ。アインさんは、日本の印象について「空気がきれいで、ごみがなく、みんな優しい」と話し、「ベトナムでは多くの若者が自分の人生をよくしようと日本で学びたがっている」と語った。

     コンテストは一般財団法人学生サポートセンター(東京都)が主催。学生マンションや寮の運営・管理をしている「学生情報センター」(ナジック、京都市下京区)が協賛。この日、田中壮一郎・学生サポートセンター理事長が「両国のかけ橋に」とあいさつ。来賓の川添信介・京大副学長は「若い人同士の交流は大事だが、海外で学ぼうとする日本の学生が少ないのが残念」などと語った。

     一行は10月20日に来日、東京で大学や企業訪問をした後、京都入りし、京都大を訪問するなどした。【湯谷茂樹】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

    2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

    3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

    4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

    5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです