メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンガ世界戦略、進化 人気作者、日中韓に同時配信

日中韓同時配信中の「ディアーナ&アルテミス」(左)=Ⓒ太田垣康男 スタジオ・トア/双葉社。「漫画の国境をなくす挑戦」と語る作者の太田垣康男さん(右)=中国福建省アモイで、河津啓介撮影

 世界をリードした日本の漫画もインターネット時代に変化を迫られている。人気漫画「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の作者、太田垣康男さん(52)は17日発売の日本の雑誌で連載を始めた新作SFを、日中韓の電子媒体で同時配信している。日本の漫画は海外で広く読まれているが、同時配信は新たな試みだ。スマートフォン(スマホ)世代を意識し、縦スクロールで読む韓国発の漫画スタイルにも対応した。太田垣さんは「漫画の国境をなくす可能性を秘めている」とその意義を語った。【北京・河津啓介】

この記事は有料記事です。

残り1805文字(全文2041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです