教材販売被害者を救済 弁護士会が電話相談 26、27日 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学習指導が付いた小・中・高校生向け高額学習教材を電話で勧誘販売していた「ウイン教育センター」(神戸市)と「ネイク」(明石市)の2社が経営破綻し、多くの購入者が学習指導を受けられないままクレジット支払いを強いられているとして、県弁護士会(堺充広会長)は26、27の両日、被害者を対象とした無料電話相談会(078・351・5030)を開く。

 県弁護士会によると、両社は関連会社。ともに今年9月ごろに学習指導を停止し、12月6日付で破産手続きに入った。教材は1契約当たり100万円前後と高額だが、全国で計200人以上がクレジット契約を結ぶなどして購入したとみられるという。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文438文字)

あわせて読みたい

注目の特集