メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法17年 君と一緒に、これからも 宝塚でシンポジウム /兵庫

たくさんの人が集まった身体障害者補助犬シンポジウム=兵庫県宝塚市で、望月亮一撮影

 身体障害者の生活を支える補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)について理解を深める「第21回身体障害者補助犬シンポジウム」(宝塚市、同市教委、毎日新聞阪神支局主催)が14日、同市立中央図書館で開催された。今回のテーマは「こんにちは 介助犬」。会場に入りきれないほどの150人超が詰めかけた。子供たちは紙芝居や介助犬のPR担当犬によるデモンストレーションを食い入るように見つめ、南里沙さんのクロマチックハーモニカ演奏には皆がうっとりと聴き入った。閉会後は、介助犬と来場者が触れ合う時間が続いた。【川畑さおり、生野由佳、写真・望月亮一】

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです