メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手話で“遠隔”憲法授業 聴覚障害の弁護士、ろう学校生へ 大和郡山 /奈良

モニターに映る田門浩弁護士に手話でお礼をする生徒ら=大和郡山市の県立ろう学校で、熊谷仁志撮影

 聴覚障害者の田門浩弁護士(52)による東京からの遠隔手話授業が19日、聴覚障害を持つ子供が通う県立ろう学校(大和郡山市丹後庄町、広中嘉隆校長)であった。高等部3年生8人が、障害の有無で差別を受けることがない「法の下の平等」など憲法の精神を学んだ。

 東京近郊の弁護士の配偶者や女性弁護士らでつくる団体「むつみ会」が企画し、東京と学校をテレビ電話でつなぐ授業が初めて実現した。

 生まれた時から耳が聞こえない田門さんは1998年から弁護士として活動している。田門さんは授業でまず、聴覚障害を持つ弁護士が全国で11人いることを紹介。「各県に1人が私の夢。まだいない奈良県にもぜひ」と手話で話した。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです