メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育施設 児童定員割れ1500人 人手不足理由に 検査院指摘

 国の「待機児童解消加速化プラン」で保育施設の整備が進んだにもかかわらず、保育士不足が原因で定員まで受け入れられなかった児童数が25都道府県で1500人を超えたことが20日、会計検査院の抽出調査で分かった。検査院は「保育士確保施策の実施に当たり、国と自治体が十分な連携を図る必要がある」と指摘している。

 厚生労働省は2013年度に同プランを策定。17年度末までに待機児童40万人分の受け入れ枠を確保する…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです