メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

無二のギタリスト 押尾コータローさんの巻

ギタリストの押尾コータローさん(右)と桂南光さん=京都市上京区で、川平愛撮影

 さまざまな奏法を駆使して紡ぎ出すのは、アコースティックギター1本から生まれるとは思えない豊かなサウンド。大阪を拠点に国内外を飛び回る押尾コータローさんは、唯一無二の存在感を放つソロギタリストです。メジャーデビュー前から押尾さんを知る桂南光さんは、新しい作品を発表するたびギターの可能性を広げる押尾さんの姿を見つめてきました。言葉のないインストゥルメンタル(インスト)だからこそできる、表現の世界に迫りました。【山田夢留】

 南光 僕は音楽的なことは全然わからないけど、押尾さんの曲を聴くといつも、情景が見えるんです。新しいアルバム(「Encounter」)の最後に「ナユタ」って曲あるでしょ。あれを聴いたときは、気持ちのいい田舎の光景が浮かびました。

 押尾 ほんとですか! よかった。あれは、岩手のテレビ局の依頼で作った『遠野物語』100周年の応援ソングです。遠野を見に行ったらすごくきれいで、本の内容というよりは、遠野の美しさを曲にしようと思って、できあがったんですよ。

この記事は有料記事です。

残り2279文字(全文2715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  3. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです