メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート 全日本選手権 羽生、満足の「世界最高」

男子SPで首位となった羽生=佐々木順一撮影

 来年の世界選手権(カナダ・モントリオール)の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権は第2日の20日、東京・国立代々木競技場で男子ショートプログラム(SP)が行われた。4年ぶり出場の羽生結弦(ANA)が国際大会ではないため非公認記録ながら世界最高となる110・72点でトップに立った。大会4連覇を狙う宇野昌磨(トヨタ自動車)は105・71点で2位、今月初旬のジュニアグランプリ(GP)ファイナルで日本男子4人目の優勝を果たした佐藤駿(埼玉栄高)は82・68点で3位と好位置につけた。シングル最後となる高橋大輔(関大KFSC)は65・95点で14位。フリーは22日に行われる。

 アイスダンスのリズムダンス(RD)は、小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト(米国)組が63・79点で首位に立った。

この記事は有料記事です。

残り2243文字(全文2595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 北九州市で新たに5人 12日連続の感染確認 累計124人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです