メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

霞が関官僚覆面座談会

上/ 内閣人事局の背後には経産省、そのまた後ろに財界が…

霞が関の官庁街(手前)=東京都千代田区で、本社ヘリから宮武祐希撮影

 ちまたではパワハラ、セクハラなどのハラスメント論議や、働き方改革が花盛り。では、ふだん私たちが接することが少ない「霞が関」の職場はどうなのか。実情に詳しいジャーナリストの横田由美子さんを司会に、キャリア官僚2人に語り合ってもらった。

新序列「官邸官僚と、なれない人」

 横田 まず、それぞれの「社風」を教えてください。総務省は旧自治省と旧郵政省などが合併しましたが、旧自治官僚には「我こそは『官の中の官』だ」というところがありました。

 総務省 プライドは今でも高いですね。旧自治だけが、若くして副知事や副市長として地方自治体を運営できる。他の役所ではほとんどないことで、エリートになったという実感は他に比べてあるかもしれません。加えて首相秘書官は通常、財務が筆頭ですが(事務方トップの)官房副長官といえば旧自治。旧自治は旧内務の保守本流で、「財務省、何するものぞ」という意識は今もあります。

 横田 霞が関は、財務省を中心とするヒエラルキー(階級)という印象です。「序列」はあるのでしょうか。

 総務 その意味での序列は消えつつあり、「(首相)官邸官僚」になるグループと、なれない人たちに分かれてきています。官僚の人事権を握る内閣人事局ができたので、首相や官房長官、官房副長官に気に入られないと省庁トップになれない。官邸に送られた官僚は政治と密接に関係して各省庁のエース級と親しくなり、役所に戻る。以前とは異なり、事務次官が有望な若手を官邸に送っても、そこで「ダメ」というレッテルを貼られると、もう出世できない。出身省庁ではなく、官邸官僚になれるかどうかという序列ができています。

負けた財務省

 横田 厚生労働省も旧厚生、旧労働が合併しました。

 厚生労働省 厚労省になって以降に入省した人が現在、室長級になっています。その上の世代は旧厚生、旧労働時代の入省で、まだ別々という感じですね。次官級としては事務次官と厚労審議官がいて、旧厚生と…

この記事は有料記事です。

残り1992文字(全文2806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  4. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  5. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです