メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英下院が離脱関連法案可決 20年1月31日「期限内」へ大きく前進

議会で演説するジョンソン英首相=ロンドンで17日、英議会提供・ロイター

 英下院は20日、政府が提出した欧州連合(EU)からの離脱関連法案を審議し、基本部分を賛成358、反対234の賛成多数で可決した。今月12日の総選挙で与党・保守党は圧勝しており、来年1月9日にも行われる見通しの最終採決でも可決は確実視されている。ジョンソン政権はEUと合意した1月31日の期限内の離脱に向け大きく前進した。

 同法案には、離脱後の激変緩和措置として設定された来年12月末までの移行期間の延長を禁じる条項も含まれている。移行期間はEUとの離脱協定上は最長で2年間の延長が可能…

この記事は有料記事です。

残り87文字(全文330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ あやめ・ラベンダーフェス中止 開花前に刈り取り 久喜 /埼玉

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです