メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英EU離脱法案 クリスマス休会前に可決 ジョンソン首相「達成へ前進」

英国会議事堂前で、クリスマス休会前のEU離脱関連法案下院可決を求める市民ら=英ロンドンで2019年12月20日、AP

 「我々は達成に一歩近づいた」。英下院で欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)関連法案の基本部分が可決された直後、ジョンソン首相はそうツイートした。総選挙で与党・保守党が多数の議席を得たことで、膠着(こうちゃく)していた議会が動き、ジョンソン氏の目指す離脱は大きなハードルを越えた。

 離脱後、英国とEUは自由貿易協定(FTA)交渉を行うことになる。分野は多岐にわたり、移行期間が終わる2020年12月末までと交渉時間は短いため、期間中の妥結を危ぶむ声もある。

 しかし、ジョンソン政権は離脱関連法案に、新たに移行期間の延長を禁じる条項を加えた。来年末までに交渉がまとまらなければ、経済や市民生活が混乱する「合意なき離脱」と同じような状態になりかねない。

 ジョンソン氏は7月の首相就任以降、合意なき離脱も辞さない構…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです