メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震被災の阿蘇神社所有 後醍醐天皇綸旨など再現 手触り、焦げ跡までリアルに

複製された9点の古文書を前に「歴史教材として活用したい」と話す阿蘇宮司=熊本県阿蘇市で、杉山恵一撮影

 事務機器大手の富士ゼロックス熊本(熊本市)は熊本県阿蘇市の阿蘇神社が所有する後醍醐天皇の綸旨(りんじ)など古文書9通の精巧なレプリカを作って神社に寄贈した。2016年の熊本地震で国指定重要文化財の楼門が倒壊するなど被災した神社の復興を後押ししようと最新のデジタル技術を駆使して作った。阿蘇惟邑(これくに)宮司(31)は「歴史教材にしたい。神社の由緒を多くの人に知ってもらえれば復興につながる」と喜んでいる。

 古文書は鎌倉~南北朝時代の1196~1340年に書かれた「阿蘇神社文書」9通でいずれも阿蘇市指定文化財。綸旨は後醍醐天皇の意を受けて出された命令書で、鎌倉討幕に功績があった阿蘇宮司の先祖・阿蘇惟直(これなお)が阿蘇神社の領地(阿蘇市一の宮町地区)を一元支配することを認めたものとされる。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです