メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日外国人、身を守れるように “阪神”被災の日系ペルー人 手作り紙芝居で防災教育

 神戸市須磨区の日系ペルー人、大城ロクサナさんが、在日外国人に防災知識を広める活動を続けている。原点は1995年1月17日の阪神大震災。日本語が分からず避難所で苦しんだ。「いざという時、自分で身を守れるようになってほしい」と願う。

 「メリークリスマス」。12月15日に神戸市中央区であったクリスマス会には、スペイン語を母語とする南米のペルーやアルゼンチンの家族連れなど約400人が集まった。軽快な音楽に合わせ、サンタの衣装を着た子どもたちが踊る。七面鳥やミートパイが振る舞われた後、神戸常盤大(神戸市長田区)の学生が大城さんと手作りした紙芝居「カエルと台風」が始まった。

 台風に見舞われたカエルが、ハザードマップを頼りに、非常持ち出し袋を用意しながら避難する。「台風」「…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです