ニホンミツバチは外来ダニが苦手? 払い落とせず病気に、巣の崩壊も 国立環境研など発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニホンミツバチ=坂本佳子・国立環境研究所研究員提供
ニホンミツバチ=坂本佳子・国立環境研究所研究員提供

 セイヨウミツバチは、酸欠を起こす寄生ダニが体にくっつくと足を使って払い落とすが、日本の在来種ニホンミツバチはうまく払い落とせないとの研究結果を、国立環境研究所など日米の研究チームが発表した。ニホンミツバチにダニが原因の感染症が拡大している一因とみられるという…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文692文字)

あわせて読みたい

注目の特集