メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

M-1グランプリ直前予想 本命不在?「敗者復活」に強豪ぞろい

GYAO!のM-1グランプリ特設ページ

 今年も間近となったM-1グランプリ(https://www.m-1gp.com/)決勝(放送は22日午後6時34分、ABC・テレ朝系)。大河ドラマ「いだてん」で薬師丸ひろ子さんが演じたマリーの占いではありませんが、毎年当たらない予想を、今年もしてみます。

     ■

 新語・流行語大賞には「お笑い関係」がたいてい入っていたのに、今年はトップ10に一つも入らなかった。昨年のM-1チャンピオン、霜降り明星は、大きくブレークしたけれど、今年を通してみると、新しい芸人、新しいギャグは、低調だったようだ。N国党の「NHKをぶっ壊す」が目立つようでは、来年はプロ芸人は相当奮起しないといけないかもしれない。

 そんな中でM-1決勝の9組を見ると、お笑い好きでないと「よく知らない」というコンビがいるかもしれない。昨年もそうだったが、今年はさらに世代交代が進んだ上に、3年連続で準優勝だった和牛が決勝進出を逃した。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1213文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです