淡島ホテルが破産 ホテルや「あわしまマリンパーク」などの経営は継続 静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
株式会社淡島ホテルが経営していた「淡島ホテル」。現在は別法人が経営中=静岡県沼津市内浦重寺で2019年12月21日午前11時44分、石川宏撮影
株式会社淡島ホテルが経営していた「淡島ホテル」。現在は別法人が経営中=静岡県沼津市内浦重寺で2019年12月21日午前11時44分、石川宏撮影

 静岡県沼津市の淡島でリゾートホテルを運営していた「株式会社淡島ホテル」(同市内浦重寺)が20日、静岡地裁沼津支部から破産手続き開始の決定を受けた。県弁護士会消費者問題委員会が21日、記者会見を開き明らかにした。負債総額約400億円。債権者は東京や横浜を中心に約2000人。「淡島ホテル」(グッドリゾート淡島ホテル)は現在別法人が運営しており、ホテルや水族館「あわしまマリンパーク」の経営は継続されるという。

 グループ会社が運営する「ホテル長泉ガーデン」(同県長泉町東野)に住む債権者十数人が7月に破産申し立てをしていた。破産管財人は近藤浩志弁護士。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文717文字)

あわせて読みたい

ニュース特集