メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広がるオンライン禁煙治療 通院なしでたばこを卒業できるその実力とは

オンライン禁煙治療では、患者はスマートフォンやパソコンの画面越しに診察を受ける=東京都内で、吉田卓矢撮影

 来夏の東京五輪開催を前に、原則屋内禁煙とする改正健康増進法や、より厳しい東京都受動喫煙防止条例が来年4月に全面施行される。これを機に禁煙を考えている人も多いのではないか。そんな中、病院へ通わずに治療できるオンライン禁煙治療の効果などが関連学会で次々と発表され、注目されている。どういった治療で、どれくらい禁煙できるのだろうか。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

 今年7月16日午前9時ごろ、都内の運輸関連会社に勤める男性会社員(46)は、共働きの妻(45)と小学2年の長男(8)が勤務先や学校へ向かった後、自宅のソファに座ってスマートフォンのアプリを立ち上げた。画面に白衣姿の医師が映し出され、話しかけてきた。

 医師「前回から2週間たちましたが、禁煙状況や副作用などについて教えてください」

この記事は有料記事です。

残り4378文字(全文4726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. トランプ米大統領、地下に一時避難 抗議デモ激化受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです