メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「時代についていく」 4回転サルコウへ込める紀平の覚悟

女子フリーを前に、公式練習で調整する紀平梨花=東京・国立代々木競技場で2019年12月21日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケート全日本選手権の女子でショートプログラム(SP)1位から初優勝を狙う紀平梨花(関大KFSC)が今季、4回転サルコウに取り組んでいる。得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と同時に成功させれば、日本女子では初となる。

 20日の公式練習のリンクには、何度も4回転サルコウに挑む紀平の姿があった。「Sの字」を描くように滑りながら加速し、跳び上がると、体を思い切り回転させた。ただ、タイミングが合わずに2回転で終わることが多く、10本以上試みて成功は一本もなし。しかし、本人は「調子が良くなったらいけそう」と手応えを口にし、21日のフリー前に行われた公式練…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです