メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮原、意欲空回り 丁寧さ失う 6年連続表彰台逃す 全日本フィギュア

女子フリーで演技する宮原知子=東京・国立代々木競技場で2019年12月21日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケートの全日本選手権は第3日の21日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宮原知子(関大)はフリー121・32点、合計191・43点で4位にとどまり、6年連続の表彰台を逃した。

 新しい自分を表現したい、という意欲に宮原は満ちていた。演技には、ダイナミックに動こうという意思が表れていた。しかし気持ちが空回りしたか、丁寧で正確に演じる本来の持ち味を出し切れなかった。

 前半に予定した3回転ループの踏み切りが抜けて1回転になった。「練習でもしたことのない失敗をしてしまった」。その後にも滑りが揺らぐ場面があり、「もう絶対に失敗ができない」という気持ちになってしまった。落ち着いて演じるのが持ち味の宮原でも余裕がなくなる。後半もジャンプの乱れがあり、いいところなく終わった。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです