メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あえてジュニア選んだ17歳 川畑が着実な歩みで全日本初の表彰台

3位になった川畑和愛のフリーの演技=東京・国立代々木競技場で2019年12月21日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケートの全日本選手権は第3日の21日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)7位の川畑和愛(ともえ)=N高東京=がフリー128・43点、合計193・96点で3位に入り、初めて表彰台に立った。

 大きなミスなく演じ終え、川畑は満足感を味わっていた。「緊張していたが、自分をコントロールして滑り通せたことが自信になった」。フリーも合計も自己最高を約10点上回り、SP上位6人が登場する前の時点で首位に立った。だが、そのまま3…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. コロナで休業、補償なし ヤマハ英語教室講師の1200人 給与所得者を個人事業主扱い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです