メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本文化をハザマで考える

第16回 ディケンズのロンドンと村上春樹の東京は一本の線でつながっている

チャールズ・ディケンズ

 村上春樹は今年で70歳になった。そのせいか、彼の作家人生についての回顧特集が多く出ている。村上の作品を読んだ人は、まるで鮒寿司(ふなずし)を食べた人のように、すっかりその虜(とりこ)になるか、あるいは嫌悪感をあらわにするか、のどちらかである。実際、私が村上について書く時、いかに多くの人が彼の作品を嫌っているかを知り、驚くほどである。

 最近村上の2000年以降の作品を読んでいて、驚いた。村上の本の書評では、まるで彼のスタイルと話の内容は、すべて今風なかっこよさを狙ったものであるかのように言われているが、どの作品もそういうものでもなかった。実際、全く予期せぬやり方で、村上は過去の作家と深い対話をしている。もちろん、日本の作家やアメリカの作家の作品からの引喩はとても多い。現代米文学からの翻訳は村上の得意とするところだからそれも当然…

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1612文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです