特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

道勢3校、決意新た きょう号砲 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開会式に参加した札幌山の手の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで 拡大
開会式に参加した札幌山の手の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで

チーム一丸で 男子・札幌山の手/悔いないように 男子・北海道栄/楽しく走りたい 女子・旭川龍谷

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の開会式が21日、京都市のハンナリーズアリーナであり、出場する道勢の男女計3チームの選手たちが真剣な表情で臨んだ。

 男子・札幌山の手(2年ぶり11回目)で、1区を任される谷川純也選手(3年)は「チーム一丸となり、3年間の集大成として、上りで粘ってエース区間を走り抜きたい」と意気込む。

開会式に参加した北海道栄の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで 拡大
開会式に参加した北海道栄の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで

 男子・北海道栄(2年連続10回目)で、昨年3区の小野隆一朗主将(3年)は1区で起用される。「どちらもコースは似ているので走りやすい。プレッシャーはあるが、このチームで走るのも最後。悔いの残らないよう楽しみたい」と話した。

開会式に参加した旭川龍谷の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで 拡大
開会式に参加した旭川龍谷の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで

 女子・旭川龍谷(8年連続8回目)の金子佑香選手(3年)は「昨年よりも今年は、チーム全体が明るく良い雰囲気ができている。1区として、流れをつくれるよう楽しく走りたい」と前を向いた。

 大会は22日、同市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点とし、女子(5区間21・0975キロ)は午前10時20分、男子(7区間42・195キロ)は午後0時半にスタートする。【高橋由衣】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集