特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

開会式 3チーム、士気高く 学法石川と田村 きょう号砲 /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開会式に臨んだ学法石川の男女の選手たち=京都市右京区で 拡大
開会式に臨んだ学法石川の男女の選手たち=京都市右京区で

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(同市体育館)であり、参加した男女の県代表・学法石川と、男子の東北地区代表・田村の選手らは緊張した様子で臨んだ。22日は女子(5区間、21・0975キロ)が午前10時20分、男子(7区間、42・195キロ)は午後0時半にスタート予定。【磯貝映奈】

開会式に臨んだ男子の田村の選手たち=京都市右京区で 拡大
開会式に臨んだ男子の田村の選手たち=京都市右京区で

 開会式前に区間オーダーの発表があった。男子で昨年、過去最高の3位に入り、9年連続11回目出場の学法石川は、前半に主力を配した。5000メートルの今年度公認タイムの速い順に、松山和希選手(3年)を1区(10キロ)、山口智規選手(1年)を2区(3キロ)、渡辺亮太選手(3年)を3区(8・1075キロ)に起用。初優勝と同校が持つ県記録の更新を見据える。13分58秒の好タイムを持つ松山選手は各チームのエースが集う1区を任された。「しっかりと戦える力はつけてきたので、積極的にレースを進めて先頭でたすきを渡したい」と自信をみせる。

 9年ぶり22回目の出場となる田村も「とにかく前半勝負」(佐藤修一監督)と前半型だ。1区にエースの生田目惇選手(2年)、スピード区間の2区には、中学時代に800メートルで全国大会出場経験を持つ富岡晃世選手(1年)と、全国切符をつかんだ東北大会と同じ1、2区とした。生田目選手は「強豪校の圧力に負けず、最大限のパフォーマンスをしたい」と初の都大路に臨む。

 女子で7年連続7回目の出場となる学法石川は、昨年の36位からチーム最高の15位以内を目指す。流れをつかむ上で鍵となる1区には、11月末の3000メートル記録会でチーム最速の9分19秒を出した長谷川莉子選手(2年)を起用する。「今、最も調子の良い選手」と松田和宏監督からの信頼も厚い長谷川選手は「初めての都大路で緊張はしているが、自分がチームに勢いをつけたい」と話した。

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集