特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

京都できょう号砲 男子・東洋大牛久と男女・水城、健闘誓う /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初出場で10位以内を目指す東洋大牛久の選手ら=京都市右京区のハンナリーズアリーナで 拡大
初出場で10位以内を目指す東洋大牛久の選手ら=京都市右京区のハンナリーズアリーナで
4年ぶりの男女同時出場で健闘を誓う水城の選手ら=京都市右京区のハンナリーズアリーナで 拡大
4年ぶりの男女同時出場で健闘を誓う水城の選手ら=京都市右京区のハンナリーズアリーナで

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市のハンナリーズアリーナ(市体育館)であり、県勢の男子・東洋大牛久(初出場)と水城(11年連続14回目)、女子・水城(4年ぶり3回目)の選手らが健闘を誓った。

 開会式では、都道府県代表の男女各47校と、男子が70回記念大会のため各地区から選ばれた11校を加えた計105校が紹介された。選手らは校名が呼ばれると、引き締まった表情で一礼していた。

 強豪が集った会場に漂う気迫を感じたと話すのは初出場となる東洋大牛久の佐藤真優主将(3年)。「挑戦者として自分たちらしく走りたい」と健闘を誓った。鈴木勝男監督(64)は「レベルの高い戦いになる。前半からペースを作ってほしい」と話した。

 関東大会で全国切符をつかんだ水城男子。松村晴生主将(3年)は「チーム一丸となって走りきり、目標の8位入賞を達成したい」と意気込んだ。小松崎禎行監督(35)も「全員が自分の力を出せれば結果はついてくる」と背中を押した。

 チーム全員が初めて都大路を走る水城女子の雨宮氷奈主将(3年)は「全員調子が良い。入賞の8位以内を目指し、楽しんで走りたい」と話した。松本毅監督(42)は「このチームで臨む最後の駅伝なので、結果を残し有終の美を飾ってほしい」と活躍を期待した。

 女子(21・0975キロ)は22日午前10時20分、男子(42・195キロ)は同日午後0時半、たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)をスタートする。【小林杏花】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集