特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

闘志胸に秘め開会式 きょう号砲 男子・埼玉栄 女子・昌平 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
3位以内を目指して力を込める埼玉栄の選手たち=京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)で 拡大
3位以内を目指して力を込める埼玉栄の選手たち=京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)で

 冬の都大路を駆け抜ける「男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会」(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)で行われた。県勢は男子が埼玉栄、女子は昌平が出場する。

 3年連続39回目出場の埼玉栄は3位以内が目標。昨年1区で区間賞の快走を見せた白鳥哲汰主将(3年)は「緊張はしているが、前日調整もうまくいっている。全員が1年間やってきたことを出し切り、攻めの走りを見せたい」と決意を語った。

昨年果たせなかった8位入賞を狙う昌平の選手たち=京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)で 拡大
昨年果たせなかった8位入賞を狙う昌平の選手たち=京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)で

 3年連続3回目の出場となる昌平は8位入賞を目指す。昨年4区を走った小松史佳主将(同)は「全員が自分の持つタイムを出すことがカギになる。昨年の経験を生かして、最後の5区に良い形で(たすきを)渡したい」と力を込めた。

 レースは京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に、女子は午前10時20分、男子は午後0時半にスタートする。【平本絢子】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集