特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

きょう号砲 上位狙い意気込み 男子・八千代松陰 女子・成田  /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子県代表の八千代松陰の選手ら=京都市で 拡大
男子県代表の八千代松陰の選手ら=京都市で
女子県代表の成田の選手ら=京都市で 拡大
女子県代表の成田の選手ら=京都市で

 京都・都大路で22日行われる「男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会」(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市のハンナリーズアリーナ(同市体育館)で行われた。県勢は男子が八千代松陰(2年連続12回目)、女子は成田(2年連続9回目)が、全国の強豪チームらとともに緊張の面持ちで参加した。

 22日の大会当日は、女子(5区間、21・0975キロ)は47校が午前10時20分に、男子(7区間42・195キロ)は58校が午後0時半にそれぞれスタートする。

 八千代松陰は序盤でリードをつかめるよう、1~4区に世界大会や全国大会経験者をそろえて上位入賞を狙う。1区を走る佐藤一世選手(3年)は「今年はかなりハイレベルな戦いになる。最後の駅伝を悔いのないように楽しんで走りたい」と意気込んだ。

 成田は県予選からオーダーをガラリと変えて入賞を目指す。1区を任された山崎りさ選手(2年)は「まずは楽しんで、ラストは粘って上位に食い込みたい。一人一人が責任を持って戦えば結果がついてくるはず」と話した。【加古ななみ】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集