特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

きょう号砲 集大成の走りを 中越、新潟明訓、士気高く /新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子県代表の中越(奥)、女子県代表の新潟明訓(手前)の選手=京都市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)で 拡大
男子県代表の中越(奥)、女子県代表の新潟明訓(手前)の選手=京都市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)で

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であった。県内からは2校が出場する。男子代表の中越、女子代表の新潟明訓の選手はそれぞれ、22日の号砲に向け緊張した面持ちで臨んだ。【露木陽介】

 2年ぶり15回目の出場を果たした中越の選手は21日、軽めのランニングで調整した。3区の加藤歩夢主将(3年)は「ここまで準備してきたことを出したい。良いイメージを持って走りたい」と意気込む。渡辺裕人監督(36)は「3年生2人の集大成にしたい。下級生の学びも多いはず」。

 4年ぶり8回目の都大路に臨む新潟明訓もこの日は約1キロ走り汗を流した。2区の山岸みなみ主将(同)は「攻めの気持ちを忘れないで戦う」と力強く話した。深滝敬監督(74)は「チームの調子は悪くない。調整も良い感じで走れていた」と自信をのぞかせた。

 男子は各都道府県代表に地区代表11校を加えた58校、女子は各都道府県代表の47校が参加する。レースはたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を起点に、女子は午前10時20分、男子は午後0時半にスタートする。大会の模様はNHK総合テレビ、ラジオ第一で女子は午前10時5分から、男子は午後0時15分から生中継される。

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集