特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

きょう号砲 被災者を元気づけたい 佐久長聖、長野東 開会式、堂々と /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
優勝を目指す佐久長聖の選手たち=京都市の西京極総合運動公園で 拡大
優勝を目指す佐久長聖の選手たち=京都市の西京極総合運動公園で
5位入賞を目指す長野東の選手たち=京都市の西京極総合運動公園で 拡大
5位入賞を目指す長野東の選手たち=京都市の西京極総合運動公園で

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(同市体育館)であった。県勢は男子の佐久長聖(22年連続22回目)と女子の長野東(13年連続13回目)が出場する。両校ともに台風19号の被災者を元気づけたいと、ジャージーに「がんばろう信州」というシールを貼り、堂々とした姿を見せた。

 佐久長聖の高見沢勝監督は「チームは今までで一番良い状態」と手応えを感じている。目標タイムは2008年に日本高校最高記録(日本人選手のみのチーム)で初優勝した時の2時間2分18秒。実現すれば優勝の可能性も十分ある。1区を走るエース・鈴木芽吹主将(3年)は「緊張を楽しむ余裕を持って本番を迎えたい」と意気込む。

 5位以内を目指す長野東。小原茉莉主将(3年)がけがで欠場するが、玉城良二監督は「他に任せられる選手がいるということ」と前向きだ。1、2区から入賞圏内に食らいつけるかが鍵となる。1区を任された高松いずみ選手(3年)は「チームのために区間賞を取りたい。他の選手に頑張らなきゃと思わせる走りをしたい」と力強く語った。

 女子(5区間21・0975キロ)は22日午前10時20分、男子(7区間42・195キロ)は午後0時半にスタートする。【原奈摘】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集