特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

開会式 きょう号砲、力走誓う 男子・中京学院大中京/女子・県岐阜商 /岐阜

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子の中京学院大中京の選手たち=京都市右京区の西京極総合運動公園で 拡大
男子の中京学院大中京の選手たち=京都市右京区の西京極総合運動公園で
女子の県岐阜商の選手たち=京都市右京区の西京極総合運動公園で 拡大
女子の県岐阜商の選手たち=京都市右京区の西京極総合運動公園で

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であった。県勢男子の中京学院大中京と、女子の県岐阜商の選手たちが力走を誓った。

 12年連続39回目出場の中京学院大中京は、選手のけがが相次ぎ3~7区を1年生選手が走る異例のオーダー。1区の中洞将選手(3年)は「調子は良く、意識しなくても足が前に出る。全国でも自分より速い選手は多くないので、区間賞を狙って集中していきたい」と自信を見せた。久保田晃弘監督(54)は「3年生が1人しか走らないのは過去でも初めて。下級生たちは失敗を恐れず思い切って走ってほしい」と期待する。

 女子の県岐阜商は初出場。今井哲監督(54)は「雰囲気にのまれず楽しんで走ってほしい」と見守る。最終5区の加藤若葉選手(3年)は「1年生からずっと1区だったので、誰かからたすきを受けるのが初めて。補欠選手や先生方ら全ての思いが詰まったたすきを競技場に持ち帰りたい。早く走りたい」とレースを心待ちにした。

 レースは22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に男子は42・195キロを7人で、女子は21・0975キロを5人でたすきをつなぐ。女子が午前10時20分、男子が午後0時半にスタートする。【横田伸治】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集