特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

県勢2校、きょう号砲 開会式で活躍誓う /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開会式後に気合を入れる島田の選手たち=京都市右京区の西京極総合運動公園で 拡大
開会式後に気合を入れる島田の選手たち=京都市右京区の西京極総合運動公園で

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(同市体育館)で開かれた。22日の大会本番前に、県代表の男子・島田と女子・常葉大菊川の選手たちは引き締まった表情で臨み、都大路での力走を誓った。

開会式前に意気込む常葉大菊川の選手たち=京都市右京区の西京極総合運動公園で 拡大
開会式前に意気込む常葉大菊川の選手たち=京都市右京区の西京極総合運動公園で

 47都道府県の男女代表校に加え、70回大会を記念して男子の地区代表11校も出場。計105校が集結した。

 7年ぶり2回目の出場となる島田の山本樹主将(3年)は「前回よりも良いタイムを出せるはず。自分や仲間を信じて弱気にならずに走りたい」と自信を見せた。女子・常葉大菊川は2年ぶり7回目の出場で、沢木はな主将(同)は「3年生として皆を引っ張っていきたい。全員で気持ちを一つにして臨む」と意気込みを語った。

 女子は午前10時20分、男子は午後0時半、たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)をスタートする。NHK総合テレビとラジオ第一で生中継される。【池田由莉矢】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集