特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

豊川・男女、闘志新た 都大路きょう号砲 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大会の開幕を前にガッツポーズする豊川の男子選手たち=京都市右京区で 拡大
大会の開幕を前にガッツポーズする豊川の男子選手たち=京都市右京区で
大会の開幕を前にガッツポーズする豊川の女子選手たち=京都市右京区で 拡大
大会の開幕を前にガッツポーズする豊川の女子選手たち=京都市右京区で

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(市体育館)で開かれた。レースは女子が22日午前10時20分、男子が午後0時半にそれぞれスタートする。

 6年連続7回目出場の豊川の男子は、1区に鈴木竜太朗主将、2区に柳本匡哉選手(ともに3年)の3年連続出場の2人が登録された。松永光雄監督は「5位以内を狙い、できれば3位以内に入りたい」と力を込めた。鈴木主将は「チームの集中力が高まってきている。豊川の先輩である服部弾馬さん(現トーエネック)の1区の記録(29分39秒)を超えたい」、柳本選手は「集大成のレースになる。区間新記録を狙いたい」と意気込んだ。

 2年連続12回目出場の豊川の女子は、昨年アンカーを務めた永井美希選手(2年)が登録メンバーから外れた。平澤元章監督は「やれるだけのことはやった。永井抜きでどこまでやれるか挑戦したい」と話した。アンカーの水谷怜愛選手(3年)は「目標だった都大路の5区を走れるので、みんながつないでくれたたすきをしっかりつないで、笑って終われるようにしたい」と気を引き締めていた。【三浦研吾】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集