全国高校駅伝

京都・開会式 都大路へ気合十分 男子・関大北陽、持てる力発揮 女子・大阪薫英女学院、1桁順位狙う /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
明日の号砲を前に気持ちを高める関大北陽の選手たちと米川和宏監督(右上)=京都市右京区で、松浦吉剛撮影 拡大
明日の号砲を前に気持ちを高める関大北陽の選手たちと米川和宏監督(右上)=京都市右京区で、松浦吉剛撮影

 全国高校駅伝競走大会(日本陸連、毎日新聞社など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(市体育館)であった。府代表の男子・関大北陽(大阪市東淀川区)と女子・大阪薫英女学院(摂津市)の両チームも気合が入った表情で臨んでいた。【松浦吉剛、荻野公一】

 開会式では選手の健康に配慮し入場行進が行われない。各校名が呼ばれ選手たちが起立し一礼すると、会場から拍手が送られた。

開会式で明日への意気込みを見せる大阪薫英女学院の選手たち=京都市右京区で、荻野公一撮影 拡大
開会式で明日への意気込みを見せる大阪薫英女学院の選手たち=京都市右京区で、荻野公一撮影

 関大北陽は3年ぶり7回目の挑戦で、2015年度の記録、2時間6分12秒(23位)の更新を狙う。春名竜治選手(3年)は「昨日試走し、都大路を走れることは光栄だと思った。全国から集結した出場校を見て緊張感が高まっている。楽しみながら持てる力を発揮したい」と話した。

 14年連続14回目の出場となる大阪薫英女学院は前回の1時間9分9秒(11位)越えに照準を合わせる。小林舞妃留主将(2年)は「緊張している人もいるが、しっかり調整して明日はやってくれると思う。一人一人が全力を出し切り、1桁順位を狙いたい」と話した。

あわせて読みたい

注目の特集