特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

決戦に向け闘志 京都で開会式 男子・西脇工、男女・須磨学園 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
レースでの健闘を誓う西脇工男子の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで、広田正人撮影 拡大
レースでの健闘を誓う西脇工男子の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで、広田正人撮影

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市のハンナリーズアリーナ(同市体育館)であった。県代表の西脇工男子と須磨学園女子、近畿地区代表の須磨学園男子の選手たちが出席。校名を呼ばれると力強く立ち上がり、22日のレースに向けて意気込みを新たにした。【広田正人、黒詰拓也】

 2年連続31回目の出場を果たした西脇工の吉川陽(ひなた)主将(3年)は「県大会より1秒でも速くたすきをつなぎたい。2時間5分台が目標だが、全員がベストを尽くし4分台が出ればうれしい」と抱負を語った。

「全国優勝」を目標に意気込みをみせる須磨学園女子の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで、黒詰拓也撮影 拡大
「全国優勝」を目標に意気込みをみせる須磨学園女子の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで、黒詰拓也撮影

 2年連続24回目の須磨学園女子で登録メンバー代表を務める樽本つかさ選手(3年)は「昨年の大会を経験しているので、緊張はない。メンバーから外れた選手の思いも感じて走り、みんなで優勝を狙う」と話した。

 近畿大会で快走し、2年ぶり6回目の出場を決めた須磨学園男子。岸本健太郎主将(3年)は「全国大会の雰囲気に飲み込まれないようこれまでやってきたことを信じる。全員が役割を果たしたい」と闘志をみなぎらせた。

本番を前に気持ちを高める須磨学園男子の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで、黒詰拓也撮影 拡大
本番を前に気持ちを高める須磨学園男子の選手たち=京都市のハンナリーズアリーナで、黒詰拓也撮影

 22日は、女子(5区間21・0975キロ)が午前10時20分、男子(7区間42・195キロ)が午後0時半、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)をスタートする。

〔神戸版〕

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集