特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

決戦に向け闘志 男子・西脇工、男女・須磨学園の監督の話 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

正統派の編成 西脇工男子・足立幸永監督

 足を痛めていた3区の吉井来斗(3年)が間に合ったのは大きい。小細工の無い正統派のオーダー編成。速い流れになるだろうが、チャレンジ精神で最後まで粘り切ってほしい。

普段通り準備 須磨学園女子・浜本憲秀監督

 昨年と比べて選手に大きな気負いはなく、落ち着いている。都大路出場を決めてからも普段通りに練習し、準備は整った。1区からしっかり前で勝負し、自分たちの最高のレースをしたい。

ベストで臨む 須磨学園男子・山口哲監督

 都大路で結果を出すために練習を重ねてきた。選手の表情は良く、ベストオーダーを組んで臨むことができる。これまでやってきた通りの力を出してほしい。部員30人全員でたすきをつなぐ。

〔神戸版〕

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集