特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

開会式 気持ち高め、本番へ 男子・出雲工、序盤で流れを 女子・平田、本来の力出す /島根

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
都大路に意気込む出雲工の選手ら=京都市右京区で、鈴木周撮影 拡大
都大路に意気込む出雲工の選手ら=京都市右京区で、鈴木周撮影

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(同市体育館)であった。22日の本番に向け、県代表の男子は出雲工、女子は平田の選手は気持ちを高めた。

 出雲工は京都入り後、コースの試走を重ねた。寺西康浩監督は「調子の良い選手を前半に置く」と話し、1区に1年の伊藤蒼唯(あおい)選手を抜てき。伊藤選手は「20番台で先輩にタスキを渡したい」と闘志を燃やす。岸本和真主将(3年)は「序盤で良い流れができれば順位は付いてくる」と目標の20位台を見据えた。

本番に向け笑顔を見せる平田の選手ら=京都市右京区で、鈴木周撮影 拡大
本番に向け笑顔を見せる平田の選手ら=京都市右京区で、鈴木周撮影

 平田は県予選の1区で大会新記録を更新した今岡宥莉香選手(2年)を1区に起用。序盤から上位集団に食らい付く狙いだ。今岡選手は「15位でタスキをつなぎ、流れをもたらしたい」ときっぱり。野津きなり主将(3年)は「全員調子は良い。本来の力を出して過去最高の順位を」と意気込む。

 大会は同市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に、女子(5区、21・0975キロ)が午前10時20分、男子(7区、42・195キロ)が午後0時半にスタートする。【鈴木周】

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集