メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知的障がい者フットベースボール 8県9チーム、山口で全国大会 きょうまで /山口

 知的障害者のスポーツ普及と社会参加の促進などを目指した「第2回全日本知的障がい者フットベースボール競技選手権大会~大嶋杯~」が21日、山口市阿知須の山口きらら博記念公園多目的ドームで始まった。22日は準決勝、決勝などの試合がある。

 フットベースボールは、基本的にソフトボールと同じルールの競技。投手は普通のボールの代わりにサッカーボールを転がし、攻撃側が足で蹴り返して競技が進む。

 知的障害者スポーツとして親しまれているが、全国障害者スポーツ大会の競技種目見直しで廃止も懸念され、2014年には関係者が「日本知的障がい者フットベースボール連盟」を設立。知的障害者のスポーツ振興と社会進出への理解と支援に尽力した「県手をつなぐ育成会」の故大嶋宏史元会長の思いを引き継ぎ、「大嶋杯」と銘打って昨年から山口市で全国大会を開催している。今回は埼玉、福井両県などの遠方を含む8県9チームが参…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです