特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

開会式 都大路、駆け抜ける 男子・徳島科技、女子・鳴門 /徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大会へ向けて意気込む徳島科技の選手ら=京都市右京区で、岩本桜撮影 拡大
大会へ向けて意気込む徳島科技の選手ら=京都市右京区で、岩本桜撮影

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であった。県代表の徳島科技(男子)と鳴門(女子)の選手らは、真剣な表情で式に参加し、本番に向けて気持ちを引き締めていた。【岩本桜】

 徳島科技の盛友士主将(3年)は「チームはすごくいい状態で、調子も上がっている。持っている力を最大限に出せると思う」と好調ぶりをアピール。「最後の大舞台でチームに流れを持ってこられるように走りたい」と意気込んだ。梅本浩志監督は「今持っている力を全国大会で出せるように走ってもらいたい」と思いを託した。

大会を前に気持ちを高める鳴門の選手ら=京都市右京区の西京極運動公園で、岩本桜撮影 拡大
大会を前に気持ちを高める鳴門の選手ら=京都市右京区の西京極運動公園で、岩本桜撮影

 鳴門の小浜麻央主将(同)は昨年同様1区を任され、「20番以内に入って次の走者にたすきをつなぎ、いい流れを作りたい。最高学年かつ主将として、最後の仕事を果たしたい」と気持ちを込めた。市橋賢治監督は「3年生にとって最後の大会なので『力を出し切ろう』という思いがプラスに働けば」と期待した。

 22日は女子が午前10時20分、男子が午後0時半から、京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点とするコースで行われる。

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集