特集

全国高校駅伝2021

2021年12月26日に京都市で開かれる男子第72回、女子第33回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

全国高校駅伝

開会式 思いを胸に駆け抜ける 男子・高知農、食らいつきたい 女子・山田、冷静にしっかり /高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全国大会に臨む高知農の選手たち=京都市で、北村栞撮影 拡大
全国大会に臨む高知農の選手たち=京都市で、北村栞撮影

 京都市で22日に開催される男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が21日、同市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であった。県代表の高知農(男子)と山田(女子)は軽い調整後、開会式に臨み、士気を高めた。【北村栞】

 開会式で冒頭、校名を呼ばれると高知農と山田の選手たちは深く一礼。真剣な表情で式に参加していた。

本番レースでの活躍を誓う山田の選手たち=京都市で、北村栞撮影 拡大
本番レースでの活躍を誓う山田の選手たち=京都市で、北村栞撮影

 4年連続44回目の出場となる高知農の岸本遼太郎選手(1年)は「調子は悪くない。少しでもタイムを縮められるよう食らいついて、次につなぎたい」。門田雄誠主将(3年)は「やってやろうという気持ちで、最後の駅伝をしっかり頑張りたい。2時間12分を切るのが目標」と意気込んだ。

 第1回大会から連続出場を続けている山田の中西みゆ主将(3年)は「調子はいい感じ。最短距離を通って冷静にしっかり走りたい」とレース本番を見据えた。アンカーを任された田所纏(まとい)選手(1年)は「京都に来てからの練習でも設定タイム通りに走れている。速い人のペースにのまれないようにしたい」と緊張した表情で語った。

 22日は女子が午前10時20分、男子が午後0時半にたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)をスタート。男子58校、女子47校の計105校が師走の都大路を駆け抜ける。

【全国高校駅伝2021】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集