メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ALS国会議員の決断(その1) 全身まひで生き抜く

参院本会議場を後にし、笑顔を見せる舩後靖彦さん(左)と介助する佐塚みさ子さん=国会内で2019年12月9日、梅村直承撮影

 臨時国会が閉幕した9日、参院議員の舩後(ふなご)靖彦さん(62)=れいわ新選組=は、多くの議員からあいさつを受けながら本会議場を後にした。じゅうたんに車輪が食い込む重さ約150キロの大型車椅子で廊下に出ると、秘書を介して記者に1枚の紙を見せた。記されていたのは趣味の短歌。「国会の床きしむほど桜舞う よどむ大気にしず心無し」。「言論の府」が、安倍晋三首相が主催した「桜を見る会」の私物化問題で揺れた様子を皮肉る内容で、わずかに動くほおを上げて笑った。

 難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患い、全身まひの状態ながら7月の参院選で初当選。人工呼吸器を…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです