メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ALS国会議員の決断(その1) 全身まひで生き抜く

参院本会議場を後にし、笑顔を見せる舩後靖彦さん(左)と介助する佐塚みさ子さん=国会内で2019年12月9日、梅村直承撮影

 臨時国会が閉幕した9日、参院議員の舩後(ふなご)靖彦さん(62)=れいわ新選組=は、多くの議員からあいさつを受けながら本会議場を後にした。じゅうたんに車輪が食い込む重さ約150キロの大型車椅子で廊下に出ると、秘書を介して記者に1枚の紙を見せた。記されていたのは趣味の短歌。「国会の床きしむほど桜舞う よどむ大気にしず心無し」。「言論の府」が、安倍晋三首相が主催した「桜を見る会」の私物化問題で揺れた様子を皮肉る内容で、わずかに動くほおを上げて笑った。

 難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患い、全身まひの状態ながら7月の参院選で初当選。人工呼吸器を着けた初の国会議員となった。外出は週1、2回からほぼ毎日に激増した。発症から20年にして、一番多忙な日々を送っている。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです