メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱「一歩前進」 英下院、関連法案の基本部分可決 FTA期間内妥結きわどく

英下院の離脱関連法案の審議で発言するジョンソン首相=20日、英下院提供・AP

 英下院は20日、政府が提出した欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)関連法案を審議し、基本部分を賛成358、反対234の賛成多数で可決した。今月12日の総選挙で与党・保守党は圧勝しており、来年1月9日にも行われる見通しの最終採決でも可決は確実視されている。ジョンソン政権はEUと合意した1月31日の期限内の離脱に向け大きく前進した。

 同法案には、離脱後の激変緩和措置として設定された来年12月末までの移行期間の延長を禁じる条項も含まれている。移行期間はEUとの離脱協定上は最長で2年間の延長が可能だが、ジョンソン首相は延長しない意向を表明していた。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 新型コロナ 自宅療養中21人死亡 12月以降10都府県

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです