メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

捨てられぬ56年前の手紙=回答者・高橋源一郎

 「終活」の毎日。56年前の手紙を始末できません。職場で私に告白した女性は、婚約者がいたため距離をおいていましたが、異国の彼の元に飛び立つ前の半年間、もう戻れない地点寸前までいきました。でも私には略奪婚はできなかった。残された手紙が5通。半世紀の間、落ち込んだ時には手紙から不思議なパワーをもらってきました。その人は平穏な余生を過ごしていると聞き、「長い間お預かりしました」と返送したいのです。(82歳・男性)

 大切な手紙を最後に送り主に返し、気持ちに決着をつけたいという思い、よくわかります。けれども、自分の都合ばかり考えるわけにはいきませんね。相手の方がどのように思うか。あなたのことを忘れようとしていたなら、どうなのか。思い悩みます。もとより正解などあるわけないのですが。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです