エボラ未承認薬、五輪備え輸入へ 厚労省

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 感染症法で最も危険性が高い「1類」に指定されているエボラ出血熱について、厚生労働省は海外で研究が進められている未承認の治療薬とワクチンを輸入する方向で検討に入った。20日にあった有識者検討会に示し、了承された。

 対象となるのは、世界保健機関(WHO)の専門家グループが、効果を検証している治療薬2種…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

ニュース特集