メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

アニエスによるヴァルダ 目と心の柔軟体操で自由と幸福を共有

 2019年3月、映画作家アニエス・ヴァルダが亡くなりました。享年90。アラン・レネやジャン・リュック・ゴダールなど映画の新しい波をつくったヌーヴェルヴァーグのひとりですね。自主製作「ラ・ポワント・クールト」を発表したのが1954年ですから、「勝手にしやがれ」よりも早い。流れを開いた人といってもいいでしょう。

 これは、60年を超える長期にわたる作品の軌跡を、ヴァルダ自身が語った映画。亡くなるすぐ前に開かれた…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです